4LDK(+1ROOM)のゆとり

4LDKプランは、ただ一部屋多いだけではありません。+1ROOMのゆとりが、様々なライフスタイルに対応し、暮らしにプラスα喜びを広げる魅力のプランでもあるのです。

POINT1
おうち時間を充実させる+1ROOMのゆとり。

  • image photo

    たとえば《テレワーク専用空間》としてこれからの暮らしに欠かせないテレワーク。リビングだとなかなか落ち着きません。そんな問題も専用スペースがあればオンライン会議も安心して参加できます。

  • image photo

    たとえば《ストレッチルーム》として体を動かそうと思っても、外に出かけてというのは長続きしません。自宅にプライベートジムスペースがあれば手軽に楽しくご家族で運動できます。

  • image photo

    たとえば《ホビールーム》として大型のモニターを設置して映画鑑賞を楽しんだり、本棚を設けてライブラリーとしたり。また、絵を描いたり洋裁も専用スペースがあれば心置きなく楽しめます。

洋室(1)を主寝室に、洋室(4)を子供部屋として。バルコニーから遠く、外からの音も届きにくい洋室(3)をリモート会議なども想定してテレワークルームに設定。

E type

POINT2
ゆとりの広さと希少性で人気が高まる4LDK。

  • 平均専有面積61.79㎡※の時代に、ゆとりの広さを誇る4LDK。※出展元:東京カンテイ「マンションデータ白書2021」首都圏で分譲されるマンションの平均専有面積は、今や61.79㎡の時代を迎えています。そんな中、サンリヤン相模原ステーションヴィラでは、78.12㎡のゆとりの広さを確保した4LDKプランを採用。ゆとりの居室空間を、家族のライフスタイルに合わせて、自在に活用いただけます。

  • 首都圏での4LDKの供給率はわずか3.96%。※データ資料:MRC・2022年1月号作成2022.02.02有)エム・アール・シー「対象期間:発売(2020年1月~2021年12月15日までのMRC調査・捕捉に基づく分譲マンションデータの範囲内)」 専有面積が狭小化する首都圏では、4LDKの供給率はわずか4%前後という少なさ。サンリヤン相模原ステーションヴィラでは希少な4LDKを4,300万円台からとお手頃な価格にてご用意しています。家族の未来に合わせてお気軽に4LDKをお選びいただけます。

  • 住み替えの理由で見えてくる広さへの人気。住み替えしたい理由は性別・年代で様々ですが、テレワークが普及し住まいに広さ、専用のスペースを望む方が増えています。そんなニーズに応えられることからも、4LDKの人気が高まっています。

トップへ戻る